●管理ツールマニュアル
▼メールサーバー設定
1.スプール容量制限
2.スプール容量一括制限
▼Webサーバー設定
1.ディレクトリの管理
2.ディレクトリの追加
3.ディレクトリ認証の設定
4.アクセスランキング
▼メーリングリスト設定
1.メーリングリストの管理
2.メーリングリストの新規作成
3.独自テンプレートの設定
▼ユーザー設定
1.ユーザーの管理
2.ユーザーの追加
▼バックアップ管理
1.スケジュールの追加
2.今すぐバックアップ
3.バックアップファイルの復元
4.スケジュールの編集
●メールソフト設定
●FTP設定
●CGI設定
●SSI設定
●障害連絡
●障害・サポート情報
●解約・変更依頼
●お問い合せ
3.バックアップファイルの復元/管理
当ツールを用いて生成されたバックアップファイルを復元します。

■サーバー内ファイルの復元/管理

サーバー内に保存されているバックアップファイルを復元/管理します。

バックアップファイルを検索する場合は、「スケジュール名」を選択し、検索条件となる日時を、「日時」に入力します。
「検索」ボタンをクリックして検索を実行します。

スケジュール名とその検索範囲
スケジュールのリスト 設定されているスケジュール
今すぐバックアップ サーバー内のみ
その他 削除されたスケジュールでバックアップされたもの

バックアップの際の、日時の指定方法は、以下の方法(正規表現)に従います。
2000年1月20日に保存されたファイルを検索する場合 2000/01/20
午後11時から午前0時までに保存されたファイルを検索する場合 23:..:..
8月25/26日に保存されたファイルを検索する場合 08/2[56]

バックアップファイルの内容を全て復元する場合は、「全て復元」をクリックします。

バックアップファイルを削除する場合は、「削除」ボタンをクリックします。削除を取り消す場合は、再度ボタン(取消ボタン)をくりっくします。削除の場合のみ、「設定する」ボタンをクリックして実行します。

復元するファイルを選択する場合は、「内容表示」ボタンをクリックし、バックアップファイル内容を表示します。

バックアップファイル内の、全てのファイルの選択を解除する場合は、「全てのチェックを外す」ボタンをクリックします。
バックアップファイル内の、全てのファイルを選択する場合は、「全てチェックする」ボタンをクリックします。
バックアップファイル内に保存されているファイルを、直ちに復元する場合は、「復元」ボタンをクリックします。
※復元後、ディスクに存在する同名のファイルが、直ちに上書きされます。
※保存形式がtgz形式のバックアップファイルの復元が可能です。

■クライアント内ファイル

クライアント内に保存されているバックアップファイルを復元します。

バックアップファイルが保存されている場所のパスを入力するか、「参照」ボタンをクリックし、保存場所指定画面でファイルの場所を指定します。

「復元」ボタンをクリックして復元を実行します。
※バックアップファイルのファイル名や、ファイルの存在するパスの中に、半角カナ/全角文字が含まれている場合、Webブラウザーの種類等によりファイルのアップロードが正常に出来ない場合があります。
※指定するバックアップファイルは当ツールで保存されたものでなければなりません。

Copyright 2003 iSearch Co., Ltd. All rights reserved.